一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

政府の決断

明日から三連休ですが、悲しいことに特に余暇を楽しむ予定もありません。

土曜日は、委任事務契約いただいている利用者さまのご依頼で出勤です。


さて、今日はある意味歴史的な瞬間を目にしました。日銀が金融緩和を継続ではなく拡大すると発表しました。(60兆円から80兆円へ)このままでいくと、物価上昇2%は危ういと判断したのでしょう。そうなると国民からアベノミクスは失敗だった、との批判も免れない。増税もできないという崖っぷちに。そこで即効性のある処方箋をきったということでしょうか?

さらに、以前のブログにも書きました年金運用について、政府は資産規模127兆円の運用が国債に偏っていたものを国内の株式投資に25%海外の株式に12%でしたか?運用すると正式に公表したことで、世界市場が大きく反応しました。為替は2日前108円だったのが、今現在112円に。そして日経平均は暴騰、日本は夜ですがNY市場は現在上がり続けています。国債の金利も前日まで0.6%だったのが日銀総裁の涼しい顔で言った一言で0.4%になって大量に買われました。

アベノミクス実現のためのシナリオが「作為的」に整いつつあるわけです。来年の消費税増税も現実味をおびてまいりましたからわたしたち消費者も覚悟したほうがよさそうです。

12月の判断を注視しましょう。

ただこの状況は不安ではあります・・・異次元の金融緩和というものは薬にも毒にもなりますから。
半年先か1年先か、副作用はできれば軽いほうがいいですけどね・・・



政府の決断に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment