一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

総務省がSWの活用に言及
カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

アルツハイマー、血液で判定かのうに!

おはようございます。

昨日は、広域連合本部で介護保険事業計画策定委員会でした。

これまで広域連合では地域包括支援センターの自己評価を実施していましたが、第6期の事業計画では客観的評価基準作りに取り組む予定です。


さて、今日は午前中は被後見人の定期受診に同行します。主治医とも意見交換できる大変貴重な時間です。


午後は、任意後見と委任事務契約いただいている利用者さまの担当者会議で、ケアマネさんからご連絡いただきましたので出席させていただく予定です。

こちらは地域包括支援センターもケアマネの実務経験もありますので、「どこまで」対応できるのかというのは理解しているつもりですけれども、ケアマネさんや包括支援センターの側からすると、成年後見人や委任事務でどこまで対応できるのか必ずしも、その認識は統一されていませんので、ご本人を含めご本人を取り巻く関係者のみなさんには、最初の段階できちんと説明しておく必要があります。またお互いの役割も尊重しながらご本人を支えていくという共通理解を得ることが重要です。
その上で、ご本人の在宅での生活維持に不安がある場合は、使える社会資源を一緒に考え、ご提案できれば良いと思います。

さて、アルツハイマーが血液で判定できるようになります。
以下、本日付けニュース。

アルツハイマー病につながるたんぱく質「アミロイドベータ」が脳に異常に蓄積しているどうか、血液から判定する方法を発見したと、国立長寿医療研究センター(愛知)などの研究チームが日本学士院発行の11日付の学術誌に発表する。治療薬開発に役立つと考えられるほか、将来はアルツハイマー病発症前の検査に使える可能性もあるという。






アルツハイマー、血液で判定かのうに!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment