一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

総務省がSWの活用に言及
カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

保育園も縦社会?

今日、ある人からちょっとおもしろい話を聞きました。

その人には、保育園に通う年中組のお子さんがいます。

昨年末、保育園で恒例の行事「もちつき大会」があって、子供たちの父兄もその日は総出で手伝いに出ていたそうです。

もちつきを子供たちにさせようということになって、年中組の子供がもちをつきはじめたときに事件は起きたのです。


年長組の一部のお母さんたちが他の人たちに聞こえよがしに、こうささやきはじめました。

「なんで年中組が先につくと?信じられん」「そうよねぇ、年長組が先でしょ」
「ありえな~い」「担任の先生に言う?」 「園長先生に言うたほうがいいっちゃないと?」

年中組のこどもが一生懸命もちをついているさなか、応援するどころか、どうでもいいようなことで盛り上がっていた・・・とその人いわく。

わたしが、結局どうなったと?と聞くと、「園長先生に訴えたらしい。年中組の先生が可愛そう、責任感じてるよきっと・・・」


もちをつく順番にこだわる人はこだわる。年長組のすべてのお母さんが納得のいかない結果だったかというとそうとも言えないと思う。


こういうことにこだわる人の論理は、年中組の担任は年長組に対する配慮に欠けている、と言いたいところなのかもしれない。
自分の子供がないがしろにされていると感じると、無意識に転化して自分自身がないがしろにされていると感じるのでしょうか。ここまでくるとしかるべき人に言わないとどうにも腹の虫がおさまらなくなるのも事実らしい。

ただ、このとき一人だと行動する前に冷静になれるかもしれませんが、共感するメンバーが現れると俄然立場は強くなるものです

集団心理がそうさせる。


縦社会の現実は保育園にもあるのだなぁと感じた話でした。



保育園も縦社会?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment