一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

眠りと認知症の関係

米国神経学会は、12月10日、睡眠時無呼吸のある人や熟睡(徐波)時間の短い人は、認知症に関連性のある脳の変化を起こしやすいという研究結果を発表しました。
睡眠時無呼吸や肺気腫などにより血中の酸素が少ない人では、そうでない人と比べ、認知症の発症に関与する「マイクロ梗塞」と呼ばれる脳組織の小さな異常をもっている可能性があるといいます。

研究では、平均年齢84歳の日系米国人男性167人を対象に、在宅睡眠検査を実施し、死亡するまで平均6年間追跡調査しました。
脳を解剖し、アルツハイマー病に関連性のある微小梗塞、脳細胞の脱落、プラークや塊、レビー小体の有無を確認し、睡眠中の血中酸素濃度や徐波睡眠時間との関連が調べられたのです。
その結果、血中酸素濃度が低い状態の時間が短い群の41人中4人に微小梗塞が認められたが、酸素濃度が低い状態が長い群では42人中14人に異常が認められました。
また、徐波睡眠時間が最長だった群の38人のうち7人に脳細胞の欠落がみられましたが、最短だった群では37人のうち17人に脳細胞の欠落が認められました。
この結果は、喫煙やBMIなどの因子で調整しても変わらなかったそうです。

人間は多少眠らんでも死にぁしない、とはよく言いますが、心身の正常な機能に異常をきたすなど熟睡しないことによる様々な弊害はありそうですね。





眠りと認知症の関係に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment