一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

後見人の職務

こんにちは。

また新たに別件で被後見人の住民票の問題が浮上。

借家に居住していた被後見人のご家族が自宅を明け渡すことに・・・


上記の家に住民票を置いている被後見人は施設ではなく医療機関。

交渉の末、後見人がついているからという理由で住民票を置かせてもらえることになった。

被後見人がお世話になっている医療機関や施設とは日頃から良好な関係を築いておくことの重要性を感じた。

別件では、今日後見人の職務について私自身考える機会をいただいた。

被後見人の担当ケアマネジャーから、被後見人宅の灯油がなくなった。給湯器が故障しているようだと連絡がある。

結論としては、業者の方に定期的に被後見人の自宅に訪問してもらい給油、請求書を被後見人に送付してもらう。ということになったのですが、このように日常の買い物や荷物の運搬などを後見人がやるものだと思っておらっる専門職も中にはいらっしゃる。

後見人は、財産の管理(支払事務・領収証・収支)や法的行為(被後見人の心身の状態を把握し必要なサービスの契約や行政手続き事務)を行うのが職務であって、買い物や荷物の運搬・外出や通院同行といった事実行為は後見人の職務の範囲ではないとされている。

そうはいっても在宅の被後見人は特にやむを得ず対応しなければならない場合も実際にはあるのだが、医療や福祉の専門職の方には上記をご理解いただきたいと思う。


家裁または職能団体等で後見人の具体的な職務について外部に示せるものを作成いただけないものだろうかと思う。(現在は財産管理と身上監護だけの記載など抽象的な記述になっている)



後見人の職務に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment