一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い
実習生の受け入れができるようになりました

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

住所地特例

今日は、おひとり病院から老健に入所なさいました。

住民票は入院する前の特養にしてました。 お身体の状態で特養に戻れないため同じ市内の老健に住民票を移しました。

特養に入所する前は宮若市外の市町村でしたから住所地特例により保険者は特養に入所する前の市町村です。

ご本人は市内の特養→病院→市内の老健ですが、住民票は市内の特養から老健ですから、保険者は以前のまま宮若市外です。

この場合、保険証や医療の減額認定証の手続きは市内の国保年金課になりますが、介護保険証の手続きについては以下のとおりとなります。

特養から宮若市へ退所通知→老健から宮若市へ入所通知→宮若市から市外の保険者へ通知→後見人へ新しい介護保険証と標準負担額認定証と変更届の書類を送付→後見人から保険者へ変更届を提出

これって保険者によって対応が違うんでしょうか・・・




住所地特例に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment