一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

面の支援システム構築を

本日の日経新聞より

日本郵政は米アップル、米IBMの2社と高齢者向けサービスの開発などで業務提携する。米2社がもつ人工知能(AI)などの最新技術を傘下の日本郵便やかんぽ生命が活用。高齢者の安否を確認するサービスや保険金支払業務で、精度が高く効率的な仕組みをつくる。今秋に郵政グループ3社の株式上場を控え、グループが提供するサービスの拡充をめざす。
 30日に西室泰三社長が米ニューヨーク市内で記者会見して発表する。会見にはアップルとIBMの経営トップも同席する見通しだ。

 日本郵便は2013年10月に社員が利用者宅を訪問する際に高齢者の様子を確認し、遠くに住む家族に伝える「郵便局のみまもりサービス」を一部の地域で始めた。地域や生活に密着した同社の強みを生かした業務の一環だ。

 今回の提携は、同様のサービスの効率と質を高めるのが狙い。アップルの携帯機器で高齢者の位置や動きなどの情報を収集し、IBMの人工知能型コンピューター「ワトソン」が解析。より高い精度で異常を察知して安否状況を確認できるようなシステムをつくる。日本郵政にとっては多くの人手を使わずに質の高いサービスを提供できる。

 アップルとIBMはこの分野ですでに連携を深めており、世界に先んじて少子高齢化が進む日本で新たなサービスの開発と事業機会をさぐる。

 かんぽ生命の保険金支払いでも、人工知能を活用する。病気などで保険金の支払いを受けたい契約者は申請書を出すが、支払いの可否や金額の見極めは難しく多くの熟練した担当者が必要だ。

 そこで人工知能が過去の事例や審査データを使って申請内容を判定する仕組みをつくり、業務の効率を大幅に高める。契約者にとってやは支払いの迅速化が期待できる。

 日本郵政グループは、持ち株会社の日本郵政とゆうちょ銀行、かんぽ生命の3社が今秋に株式を同時上場する計画。今回の提携を業務の拡充と効率化につなげ、企業価値を高めたい考えだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで


ITの技術は様々な領域における活用の可能性を秘めていますね。

以前ブログで書きましたが、ローソンやパナソニックも介護事業に参入しています。

それぞれの「点」は非常に精密で効率的な機能と思われますが、これらの「点」を面につなげるシステムづくりが求められているのではないでしょうか。




面の支援システム構築をに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment