一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

支援開始

申立支援をさせていただいていた案件について、家裁から審判書が届きましたので、被後見人の方が入所しておられた障害者施設へ行って、通帳・年金証書等を受け取りました。

その後、ご本人入院中の医療機関へ行き、MSW・看護主任に同席いただいて、お預かりした書類一式をご本人に確認いただき退院後の支援方針について協議したところです。

本人に同意を得て、本人住所地外の特養を検討中ですが、介護保険の有効期間は入院前に入所していた障害者施設の退所日からとなります。

住所地特例ですから、保険者はご本人の住所地のままですね。

入院契約は、後見人が選任されたということでとり直しましたが、こちらの医療機関では、MSWの方が同席してくださって後見制度の役割もご理解いただいており連帯保証人を求められることはありませんでした。

とりあえず、郵便局へ郵便物の転送届を提出して、行政各担当課へ書類の送付先変更の手続きを進めます。


さて、下関の障害者施設で虐待があったとして、職員が逮捕起訴されるという事件がありました。

施設内虐待は、在宅と違って発見しずらく、組織ぐるみで隠ぺいする体質も中にはありますので、埋もれた虐待の実態はまだまだあるでしょうね。


支援開始に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment