一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

こどもの貧困問題

おはようございます。

先日、ブログで書いた空き家管理サービスについて、ご本人にも説明し了解いただきましたので早速契約利用を進めます。

スポットプラン・年間プラン・定期プラン等ありますが、月1回の定期プランで1カ月の利用料金は3,564円です。(30分延長した場合は1,296円追加)
これで、室内の換気・雨漏りや破損箇所の確認と報告・郵便物の回収・庭木の水やりなど対応いただけます。 室内の掃除も依頼できますが、この場合は延長料金になりそうですね。

さて、明日からは社会福祉士学会で金沢へ行ってきます。
今回のテーマは「これからの福祉実践への架け橋」全国の社会福祉士の仲間との出会いも楽しみですが、こうしている間にも時代は刻一刻と動いており、社会福祉士の役割や使命も変化し続けています。

こういう機会に参加することで、社会の動きに鈍感にならずに済んでます。

現在、日本のこどもの6人に一人、300万人超が貧困状態にあると、今朝の情報番組でも報道されていました。

貧困ラインの定義は、二人世帯で年間173万円・3人世帯で年間217万・4人世帯で244万の収入。


世界のひとり親世帯の貧困比率が低いのは、福祉国家ともいわれるデンマークで10%を切ってますが、日本は54.6%。ひとり親世帯の半数以上が貧困状態にあります。

子供の社会保障政策は緊急の課題です。

奨学金が返済できないとして自己破産したケースもありましたし、まずは給付型奨学金の創設・・・かな。







こどもの貧困問題に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment