一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

遺言控除

家族の相続税負担を軽減する、遺言控除が早ければ29年度から導入されます。

自民党の「家族の絆を守る特命委員会」が打ち出した「遺言控除」と呼ばれる仕組みで、亡くなった人が生前に遺言書を作成していて、かつ、遺言に基づいて相続を行えば、かかってくる相続税について一定の優遇が受けられるというものです。遺言書の作成の有無が条件になるという点で、かつてなかったタイプの減税措置だといえるでしょう。
相続税は、遺産総額から基礎控除額(今年1月から3千万円+法定相続人1人当たり600万円)を差し引いた上で税率をかけて算出される。遺言控除が新設されれば、税金のかからない遺産が増える。制度設計は今後詰めるが、控除額は数百万円を軸に検討する。仮に300万円の遺言控除であれば、30万~165万円の減税となりそうです。

遺言書を作成するインセンティブになるのは確かですね。

遺言控除に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment