一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

アルツハイマーに光明

本日週末の福岡の気温34度です。
ご利用者の中には、体調を崩す方もでてきています。気をつけてくださいね。

週明けは、申し立て中の方の後見候補者として包括支援センター職員と家裁へ。

さて、アルツハイマー病に光明です。

本日付け日経から

認知症の一種のアルツハイマー病を引き起こすとされる脳神経細胞の死滅を防ぐ方法を見つけたと、京都大の星美奈子特定准教授や先端医療振興財団先端医療センター(神戸市)などが1日までに発表した。ペプチドというたんぱく質の断片が死滅防止に効果が高いと細胞実験で確かめた。症状の進行を抑える薬の開発につながる可能性があるという。
 米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。
 星特定准教授らはすでに、アルツハイマー病の原因物質「アミロイドベータ」が球状の集合体になったときに強い毒性が生じ、脳神経細胞を死滅させることを突き止めている。
 研究グループは、球状の原因物質が結合するのを妨げる物質を探し、4種類のアミノ酸でできたペプチドが効果が高いことを突き止めた。
 ラットの脳神経細胞にこのペプチドを混ぜ、原因物質を加えたところ、細胞が死滅するのを防ぐことができた。ペプチドが原因物質を覆い、神経細胞のたんぱく質と結合できなくしたためだという。今後はサルなどの動物を使い、効果を確かめる。
 アルツハイマー病の患者数は認知症全体の6割を占める。現在は症状が進むのを少し遅らせる薬があるだけで、効果的な治療法はない。

ここまで・・・・・・・・・・

ペプチド??なんか聞いたことある、と思って調べてみると
アミノ酸とアミノ酸がペプチド結合(-CONH-)して、2個以上つながった構造のものを『ペプチド』といいます。20種類のアミノ酸を使ってアミノ酸2個からなるペプチドを作ると、ペプチドは総計20×20=400種類あることになります。この中の一つ、チロシンとアルギニンがペプチド結合したペプチドは鎮痛作用があります。このペプチドは牛の脳から単離・精製され、キョートルフィンと呼ばれています。また、アスパラギン酸とフェニルアラニンが結合してカルボキシル基がメチルエステルになったものは、砂糖の約200倍甘いことが偶然発見され、砂糖に代わる人工甘味料アスパルテームとして、ダイエットコーラやコーヒーの甘味料として広く使われています。

知らない間に、ペプチドもどきは口にしているのかもしれませんね。



アルツハイマーに光明に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment