一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

基本のプロセス

おはようございます。
今日は、入院なさっていた任意後見契約いただいている利用者さまが退院されますので、退院時、退院後の手続き等対応させていただきます。

判断能力の低下もみられ、監督人選任の申し立てを進めますが、ご本人にも様々な利害関係者の方々がいらっしゃいますので、任意後見から監督人選任の申し立てに切り替える際には、関係者のみなさんにご理解いただいて、周囲の合意も得られるよう慎重な説明と対応が求められます。

ご本人との関係性だけではなく、親族や関係機関との信頼で契約は、はじめて成立するのです。そのためには、お互いの専門性を尊重しなければなりません。


ご契約いただいた際には、ご本人に承諾を得て関係機関等と、何のために何をするのかという、それぞれの立ち位置や役割分担をあらかじめ共有しておくことはとても有効です。


委任契約であっても、任意後見契約であっても、法定後見であっても


ご本人の性格や判断能力の程度、関係機関の専門性によって説明の仕方が変わるだけで


説明→同意のプロセスは同じです。




基本のプロセスに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment