一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

定期巡回型のニーズ

介護保険の定期巡回型サービスが、現状では普及していません。

(定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、定期的な巡回や随時通報への対応など、利用者の心身の状況に応じて、24時間365日必要なサービスを必要なタイミングで柔軟に提供します。また、サービスの提供にあたっては、訪問介護員だけでなく看護師なども連携しているため、介護と看護の一体的なサービス提供を受けることもできます)

現時点で、広域連合内で定期巡回型サービスを提供している事業所は2カ所しかなく、いずれも高齢者専用賃貸住宅を母体とする法人が運営しているものです。

利用者にメリットがある反面、高専賃の入居者へ適切にサービスが提供されているのかどうか外部からチェックしずらいところはあるでしょう。

定期巡回型はそもそも都市部を想定して制度化されたサービスですから、郡部では採算がとれず事業所が参入しずらいといった面があります。

よって、定期巡回型サービスのニーズが想定されるような状態像の利用者については、おそらく入院か施設入所かという選択をせざるを得ない実態があるものと考えます。

もしくは、広域連合内で事業展開している上記2カ所の高齢者専用賃貸住宅であれば、「在宅」に居ながら比較的重度の医療・介護が受けられるかもしれません。

しかし、包括払いとなっているため、高専賃の入居者以外へのサービス提供がなされていないと、実際には利用者の選別が行われているのではないかと外部から懸念される可能性もなくはないですね。


定期巡回型のニーズに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment