一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ロボット普及へ相談拠点

介護・農業分野へのロボットの活用に向けて、官民協働で相談拠点作りから始動するようですね。長年産業用ロボットの開発を手がけてきた北九州の安川電気も参加です。


・・・・・・・・・・・以下本日付け
経済産業省は介護や農業など幅広い分野でロボットの普及を促すため、14日に官民の協議会を立ち上げる。実用化を支援する相談拠点の新設をめざすほか、学校現場でロボットを教材に採用して優秀な人材の確保につなげる。安川電機やパナソニック、大学などが参加する。
 設立するのは「利活用推進ワーキンググループ」。自治体や民間企業の現役幹部、学識者ら16人が幹事を務める。
 企業OBらが相談員を務める拠点を全国に整備する方向。相談員が介護事業者とロボットの開発・販売業者を仲介したり、地元の大学や研究機関にロボット事業への参画を働きかけたりする。高等専門学校などの教材にロボットの採用を促す策などについても情報交換する。
 政府はサービス分野のロボット市場を20年に現在の20倍の1兆2000億円規模にする目標を掲げている。介護や農業、建設など人手が主な担い手の分野では、ロボットの導入によって生産性の向上が期待されている。

・・・・・・・・・・・・・
以前当ブログでもご紹介した生活支援ロボットの採用も行政が後押しすれば、飛躍的に普及していくものと思われます。


ロボット普及へ相談拠点に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment