一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

川崎市の老人ホームと同系列施設内虐待

おはようございます。
今日は、被後見人の方がお一人病院を退院し老人保健施設へ入所なさいますので、入院費の清算と施設契約です。老健も特養化してますが、名目上は中間施設ですから先々のこともご本人の意向を確認しながら検討していくこととなります。

さて、先日入居者3人が施設のベランダから転落死した事故がありましたが、当該施設と同系列の施設で虐待事件があったようですね。


以下転載・・・・・・・・

大阪府豊中市は14日、介護付き有料老人ホーム「アミーユ豊中穂積」で30代の男性職員が70代の女性入所者の首を絞めるなどの虐待をし、全治3週間のけがを負わせたと発表した。市は介護保険法に基づき、施設を10月1日から6カ月間、新規入所者の受け入れを停止する処分にした。
 同施設はメッセージ(岡山市南区)が運営している。同社は、入所者3人が転落死した川崎市幸区の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」の運営会社と同じグループ。
 豊中市などによると、男性職員は6月18日午前0時ごろ、廊下を徘徊(はいかい)していた女性を部屋に戻そうとして、頭をたたいて首を絞め、腰を蹴るなど暴行。女性は転倒して頭部を強打し救急搬送された。府警豊中南署が同日、職員を傷害容疑で逮捕した。
 施設側から報告を受けた市が調査し、この職員が5月にも2回、同じ女性に平手打ちなど暴行をしていたことも判明。職員は同僚に「いつか手が出そうだ」と相談していたが、同僚は上司に報告しなかった。職員向けの虐待防止研修なども不十分だったという。
 職員は7月7日付で懲戒解雇された。

・・・・・・・・・・・・
職員だけに虐待防止研修を課しても意味がありません。施設内虐待は組織の問題ですから、まずは管理者ですね。
社会的な制裁を受け、今後ますます人材が確保できず淘汰される可能性もあります。



川崎市の老人ホームと同系列施設内虐待に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment