一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

公正証書の内容を変更するとき

昨夜、お一人急遽入院となってしまいました。

詳しい検査はこれからですので診断は確定していないという状況です。

さて、任意後見契約をいただいている方について、公正証書に記載している事情によって内容を一部変更することを検討中です。

ちなみに、任意後見執行後、つまり任意後見監督人が選任されたあとに変更する場合は、監督人との協議になりますが、本件の場合は執行前の委任事務の段階での変更になります。

よって、公証役場から判断能力を審査するための診断書を求められました。
診断書の概要は以下のとおりです。

精神障害などはなく、意思表示が明確にでき、判断能力に問題は見られないことを証明する。
なお、自己の財産を単独で管理・処分することについての理解およびその処分等の方法を具体的に表明する能力は、十分にあると認められる。

長谷川式スケールの点数の記載欄もあります。

様式は任意ですが、上記の項目を含めた内容のものを求められます。


ちなみに、何カ所変更するかにもよりますが、料金はご本人負担が生じますので慎重に・・・



公正証書の内容を変更するときに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment