一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

福祉サービスの差別化

介護で全国展開しているツクイがDSに新たなマシンを導入するニュースです。

以下日経から・・・

デイサービス(通所介護)最大手のツクイは11月にかけて、約100施設に自転車型のトレーニングマシンを導入する。在宅の要介護者が通ってきた際に、体を動かしながらゲームなどをしてもらい、認知症の早期発見や予防に役立てる。
 新型マシン「コグニバイク」は国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)とリハビリ機器メーカーのインターリハ(東京・北)が共同開発した。要介護者は週に1回程度のペースで利用し、ペダルをこぎながら前方のタッチパネルに表示される課題に取り組む。簡単な計算問題を解くほか、動物のイラストから名前を選んだり、短い時間で数字を記憶して選んだりする。
 運動では時々足にかかる負荷を変えながら、ペダルを一定のペースでこいで速度を保つように求める。頭を使いながら有酸素運動をすることで、認知症を予防する効果があるという。
 ツクイでは利用者ごとに心拍数やマシンのペダルの重さ、計算問題などテスト結果のデータを集める。認知症が発症しても過去のデータから異変を察知しやすいため、認知症の早期発見も期待できる。
 デイサービス施設は低コストで開業できるため、建設会社など異業種の参入も相次ぎ、全国で約4万3000カ所に達する。ただ、厚生労働省は介護報酬の増大などを踏まえ、今春に事業者が受け取るサービス基本料を減額し、小規模施設の淘汰が始まっている。
 一方で認知症の高齢者は2012年時点で約462万人おり、25年には最大730万人まで増えるとの試算がある。大規模施設を展開するツクイは、新型マシンなど他の事業者にない設備を加えて利用者を確保していく考えだ。

・・・・・・・・・・・・・

利用者の機能維持に効果があって、なおかつ差別化を図るなど興味をそそるメニューを工夫しないとDSも生き残れないということでしょうか。

昨日当事務所での連絡会で、カジノ型DSが問題になっていることが話題にあがりましたが、
DSで、利用者が一日中ひとりでパチンコ台に向かっているのはいかがなものかと思います。

カジノ形式がすべて好ましくないということではなく、介護保険の公費が財源ですので目的にそぐわないメニューは見直したほうがよいと思いますね。

今あるものに新たな付加価値をつけることも可能だと思いますが・・・

さて、診療報酬マイナス改定のニュースも先ほど入ってきましたね。

・・・・・・・・・・・・・
[東京 30日 ロイター] - 財務省は30日、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の分科会で、2016年度予算の焦点の一つである診療報酬について、マイナス改定が必要との考えを示した。医師の技術料を指す「本体」に加え、調剤報酬の抜本的な見直しも求めた。

診療報酬が引き下げられれば、医療機関の収入が減る一方で、国民負担の軽減にもつながる。2015年度予算ベースでは、マイナス幅が1%となれば、国の予算編成に関係する社会保障費は約1110億円抑制できる。
財務省は、物価・賃金の動向を考慮しても、診療報酬本体が高止まりしているとし、「一定程度のマイナス改定が必要」と主張した。具体的な引き下げ幅は示さなかった。

保険薬局が調剤を行った時に発生する調剤報酬に関しては、薬を処方した日数分で報酬が変わる仕組みを問題視した。実際には全自動で薬を包装する機械もあり、処方する薬の数が多ければ業務が増えるという前提は「不合理」と指摘した。

診療報酬改定は2年に1度行われており、引き下げとなれば10年ぶりとなる。ただ、日本医師会などからの反発も予想され、年末にかけた調整は難航しそうだ。



福祉サービスの差別化に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment