一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

ミドリムシが世界を救うその2

昨年、このブログでミドリムシのバイオ燃料でジェット機が飛ぶ日が近いとご紹介した「ユーグレナ」。夢に向けて着実に前に進んでいるようですよ。


本付け日経ニュースから・・・・

ユーグレナは藻の一種のミドリムシからつくる航空機向け燃料を2020年までに実用化する。1日、ミドリムシから搾った油を燃料に精製する国内初の設備を横浜市に建設すると発表した。藻を原料とするバイオ燃料は環境負荷の抑制につながるため、大手企業も研究を始めている。クリーンエネルギーは世界の空に羽ばたけるのか。

国産バイオ燃料計画の始動を発表し、記念写真に納まるユーグレナの出雲社長(左)と全日空の殿元専務取締役執行役員(1日午後、羽田空港)
 「これが飛行機にそのまま入れられるミドリムシからつくったジェット燃料です」。羽田空港で開いた記者会見。ユーグレナの出雲充社長は小瓶を掲げた。ミドリムシから搾った油を米国で精製した液体の組成は石油を原料とするジェット燃料のケロシンと同じだ。
 の精製設備は18年前半の稼働を予定。米石油大手シェブロンから技術供与を受け、ジェット燃料の認証を取得できる実証プラントにする。投資額は約30億円。年間125キロリットルの燃料をつくる計画だ。設備の建設や燃料の実用化、原料の調達では千代田化工建設、全日本空輸、いすゞ自動車、伊藤忠エネクスと連携する。
 記者会見で全日空の殿元清司専務は「実証プラントでつくる燃料を混合し、実際のフライトで使う」と述べた。すべて航空機に振り向ければ、10%の割合で混合する場合、羽田―伊丹(大阪国際)空港間を毎週1往復できるという。
 「革新的技術で世界に貢献する」。出雲社長は国際民間航空機関(ICAO)の環境目標を念頭に置く。20年以降、二酸化炭素(CO2)の排出量を増やさないためにどうするか。生育段階でCO2を吸収する植物を原料とし、燃やしてもCO2の総量が増えないバイオ燃料は注目を集める。

・・・・・・・・・・・ここまで
山口は健康のためにも「ユーグレナ」毎日飲んでます。
夢を追いかけ世界へ貢献する出雲社長を応援しています。


ミドリムシが世界を救うその2に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment