一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

総務省がSWの活用に言及
カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

借りるなら今

福祉の業界ではありませんが、独立開業している知人から、借金が減るどころか増えている。以前融資の相談で銀行にも行ったが断られて精神的にもきつい、どうしたものかと聞いてました。

その後、再度銀行へ相談したら融資を受けて事業を存続できそうだということで「精神的に楽になったぁ~」と報告がありました。

そのときに思いだしたのが、1月29日の日銀黒田総裁が言った一言。

マイナス0.1%の金利政策。通常銀行は日銀へ当座預金をして金利収入を得ているわけですが、銀行は日銀へ預けると利子がつくどころか利子を支払わなければならなくなるというしくみです。

銀行は日銀に預けて金利を払ったりお金を眠らせておくよりも企業へ貸出したり投資に回したりしたほうがいいじゃんということになります。

政策の追い風もあって、スムーズに融資が受けられたのでしょう。 ちなみに、住宅ローンの借り換えをするなら今です。この先どうなるかわかりませんので、「今」としか言えませんけども。中にはえ?と驚くような利率で融資を受けられる銀行も今ならあるかも。

いかなる手段でもってしても、物価上昇率2%に向けて、市場へ資金を投入して景気を底上げするという日銀の思惑どおりに事は動くのかな!?


















借りるなら今に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment