一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

生き残るには?

こんにちは。

空港の保安検査って最近強化されたんでしょうか!? 慣れない靴で行って痛くなったので、靴擦れ防止にホテル近くの薬局でかったシール式のジェルみたいな靴擦れ防止用のクッション材を靴底に貼って、今朝東京から帰るときに空港の検査場に並んでたら、保安検査員に止められて、ぞうりに履き替えさせられました。またそのぞうりが昔学校のトイレに置いてあったようなレトロ感満載。検査員に言われるがまま、そのぞうりに履き替えてセキュリティゲートを通りました。一方でわたしの靴は荷物と携帯と一緒にベルトコンベアでX線探知機へ。しかしセキュリティゲートを通る前なのになぜ靴底に何かあるということがわかったんだろう??ランダム?気になる・・・

さて、認定審査会の仕事を終えて今帰宅したところです。

事務局(保険者)へ、チェックリストへ移行するのは全体の何%程度なのかと質問しましたがまだデータはないという回答でした。認定審査件数にも今後影響は出てきます。

雑談の中で合議体の委員さんから、介護保険事業者も厳しくなる。何をやったら生き残れますかねと聞かれ、専門じゃないしこっちが聞きたいくらいですが、なんでも付加価値がないと生き残れない時代になってます。
新たな分野ということでは高齢者の雇用創出が鍵かもしれないと言いました。

以前のブログに、介護保険事業者の倒産件数は過去最高を更新中と書きましたが、その委員さん曰く。近所にあたらしい事業所が開設するらしく建物はできたが、利用者が集まらず間もなく廃業したそうです。診療報酬改定で病院も厳しくなります。

昨日の東京でのセッションでも、思い切った労働市場の改革がポイントだという意見もありましたが、女性や高齢者など活用できていない領域を活用した場合に、新たに900万人の雇用が生まれるとしています。

高齢者の雇用創出に手厚い予算がつけば、民間企業も参入できることでしょう。
多様な働き方を容認しながら生産性を向上させることで、次の世代への負担の積み残しも少なくできるかもしれません。

高齢者の人たちが生き生きと働ける場を確保することで、活力ある社会を取り戻すことができるかもしれません。ただ、生産性につなげるためにはマッチングは大事かも。













生き残るには?に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment