一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

被後見人の確定申告

こんにちは。

不動産を所有しておられて家賃収入のある被後見人の方の確定申告へ行ってきました。

昨年と特に変わってませんが、後見人の報酬はご本人の必要経費として認められるのか?昨年の確定申告の際に聞き忘れてましたので確認したところ、経費としては認められないという回答でした。それはそうかも・・・

もちろん、所有している不動産の修理代等は必要経費として認められます。

また、医療費や介護保険の訪問看護や訪問リハビリ等も医療費控除の対象となります。(訪問介護やデイサービス等の福祉系のサービスは対象にはなりません。

住民税や保険料等減額になる場合もあるので、必要があれば手続きをしたほうがいいですね。










被後見人の確定申告に対する2件のコメント:

コメントRSS
犬童良一 on 2016年3月5日 10:40
社会福祉士の活躍の場が拡大しており、その存在意義もますます高まっているように思います。仕事がら病院の地域連携室で活動する社会福祉士に面会する機会がありますが、MSWとして医療と介護、住宅の連携による療養環境の継続性を保つために日々精進していらっしゃると思います。ただ「在宅復帰率」や「平均在院日数」、「病棟稼働率」「病棟収益」の数的評価がつきまとうことも事実であり、そのことで社会福祉士たちの初心やモチベーションに影響されるのではないかと危惧もしております。
コメントに応答する


山口 on 2016年3月5日 20:35
コメントありがとうございます。 おっしゃるとおりですね。病院の方針と専門職としての職業倫理の狭間でジレンマに苦しむMSWも多いことでしょう。その中でも病院内の他職種へ理解を求め、クライエントやご家族と折り合いをつけながら、地域の様々な関係機関と連携を図って橋渡しをしていく力量が求められています。また、これがMSWの存在意義だと思います。ただ、個人でできることには限界があります。マクロの部分で言えば、医師会や社会福祉士会、看護協会等と課題を共有し議論を深めることも重要です。場合によっては政策に反映されるためのアクションが求められることもあるでしょう。組織を超えて、仲間と力を合わせて壁を乗り越えてほしい、そう願っています。  山口
コメントに応答する

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment