一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い
実習生の受け入れができるようになりました

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

任意後見監督人選任申し立て

法人として任意後見契約いただいている方について、認知症が見られてきましたので、家庭裁判所へ「任意後見監督人選任の申し立て」をしていた案件で、本日審判書が届きました。

法定後見ではなく任意後見で監督人が選任されたら、あらかじめ公正証書に記載した通りの事務を必要な範囲で遂行し、公正証書に記載した報酬をいただくことになります。


任意後見は、ご本人がしっかりなさっている内に、自分がお体が不自由になったら、認知症になったらこういうことをしてほしいということを具体的に公正証書に記載しておくことができるということが最大のメリットです。


だからこそ、法定後見ではなく任意後見でお元気なうちに公正証書にご自身の意思を表明していただきたいと願ってます。









任意後見監督人選任申し立てに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment