一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

低所得層「信用」支援の道を拓く

こんにちは。

上位20%の富裕層の所得が上昇してもGDPには寄与しませんが、低所得層・中間層の所得があがるとGDPに大きく影響するということがわかっており、もっともっと低所得層・中間層に目を向けなければならないと指摘されている中で、日本のベンチャーがブロックチェーン技術を使って金融市場に革命を起こすかもしれないというニュースです。

政府も銀行も注目するブロックチェーン技術とは、世界中に点在するコンピューターにデータを分散することで、中央集権を置かずに破壊・改ざんが困難なネットワークを作る技術です。相互に信頼関係の無い不特定多数の参加者間で、権利の移転を実現することに適しているそうです。

ビットコインに代表される暗号通貨の基盤技術として利用されており、ビットコインの取引履歴を指してブロックチェーンと呼ぶこともあります。

銀行から借りるより手数料も格段に安く少額から借りることができてセキュリティも万全だとしたら・・・?
金融とIT(情報技術)が融合する「フィンテック」が、金融機関からお金が借りられない人たちにも手が届く販売手法で「信用」にも道を開くビジネスがすぐそこまで来ています。

昨日、ソフトメーカーのインフォテリア株式会社とミャンマー連邦共和国最大のマイクロファイナンス機関であるBC Finance Limitedは、マイクロファイナンスのITシステムにおいてブロックチェーン技術を用いた実証実験を行うことについて合意し、本日基本合意書を締結したことを発表しました。

今年6月位には実証実験を行うようですので、これから先の日本の経済市場、とくに低所得層の支援に大きく影響があるかもしれないと考えています。

ところで、昨日はいいことが一つだけありました。

一般社団法人 日本少額短期保険協会というところが募集していた「おもしろミニ保険大賞」へ応募してたものが「優秀賞」に選ばれたようです。応募したこと自体もすっかり忘れてましたが、優秀賞に選ばれたのは「民泊保険」です。民泊の高まる需要に対してのリスクについて以前このブログでも書いたとおりです。

今年の分は日本少額短期保険協会HPに来月4月くらいにはアップされるかもしれません。他の方の作品も気になります。











低所得層「信用」支援の道を拓くに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment