一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

O葬って・・・

こんにちは。

今日は、お亡くなりになった被後見人の火葬・お寺への納骨をすませ、相談対応で障害者関連施設を訪問させてただきましたが、ここで以前仕事でお世話になった懐かしい方と再会できたこと、うれしかったです。

書店に立ち寄ると、「0葬 あっさり死ぬ」という書籍が目を引きました。

日本の葬儀費用は世界一といわれていますが、お金がないからという理由で死亡した家族を自宅でそのまま放置するという事件も多いようです。

この場合、本人が高齢者の場合は生存しているものとして年金が支給され続けますので、死体遺棄罪と年金詐欺と2つの犯罪を犯してしまうことになります。

葬儀代のことを考えると死ぬに死ねない世の中になってきました。

こういった背景もあってゼロ葬というのが注目されるようになったのでしょうが・・・

普通は火葬を終えて菩提寺に納骨するわけですが、いわゆる0葬は葬儀もなし、火葬だけして遺骨を受け取らない方法です。だからといって遺骨はごみとして処理されるわけではなくしかるべき方法で葬られます。お墓も必要ないし簡便で経済的と言えます。

日本人の文化や世間体、執着などで意見も分かれるところですが、自分が死んだとき、どのように葬ってほしいですか?


他の社会福祉士さんのブログはこちらからどうぞ










O葬って・・・に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment