一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

児童扶養手当大幅増のからくり

連休の合間、みなさんどうお過ごしですか?

本日、児童扶養手当が大幅にアップする法律が可決されたとのニュースが入りました。

詳細は以下のとおり・・・・・

 ひとり親家庭を支援する改正児童扶養手当法が2日午前、参院本会議で、全会一致で可決、成立した。所得の低いひとり親家庭に支給する児童扶養手当について、2人目以降の支給額を最大で倍増する。2人目の引き上げは1980年以来、3人目以降は94年以来となる。8月1日に施行し、8~11月分を12月に支給する。

 児童扶養手当は現在、1人目の子どもについて月4万2330円が支給され、子どもが増えるにつれ2人目は月5000円、3人目以降は3000円加算される。法改正で加算額は2人目が1万円に、3人目以降は6000円に倍増する。

 ただし、所得制限があり、満額支給されるのは子ども3人の世帯の場合で年収227万円未満。年収に応じて支給額は減り、年収460万円以上は支給されない。受給106万世帯のうち増額となるのは、子ども2人が約33万世帯、3人以上が約10万世帯。必要額は国と地方合わせ年間約250億円。

 また、現在は1人目分にだけ、物価に合わせて支給額が変わる物価スライドが適用されているが、2017年4月からは2人目以降の分にも適用される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
所得制限は従来130万から365万だったのが、227万から万に緩和されましたが、現在の物価から考えるに児童扶養手当をもらってはじめて最低生活費の基準ぎりぎりのラインになるという、しかも毎月もらえるわけじゃなく数か月分まとめてなので、これで安定した生活が送れるのかという声も出てくるかもしれません。


児童扶養手当は生活保護と併給できますので、収入認定される児童扶養手当と保護費との調整が行われますので、現在生活保護と児童扶養手当を両方受けてる人は、実質受け取る額は変わらないと思います。

価値観が多様化する中で、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有するという憲法25条の国民の権利をどう保障していくのか難しいところですね。

他の社会福祉士さんのブログはこちらからどうぞ









児童扶養手当大幅増のからくりに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment