一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%
GW期間中の営業日について
新しい出会い

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

NO MORE 賃金泥棒

こんにちは。

昨日土曜日被後見人数名面会しましたが、その中の一人、おはぎを持って行ってお箸を渡しました。

この方は、いつも施設ではスプーンを使用している方ですが、いたって普通に器用にお箸を使っておはぎを召し上がりました。ちょっとしたことですが、スタッフの方々には、できないと決めつけづに本人のできることを見つけてほしいと願ってます。


さて、今日はブラックバイトの話。・・・・・・・以下ニュース記事
労働問題に詳しい弁護士らでつくるプロジェクト「NO MORE 賃金泥棒」が、アルバイトなどで働く若者407人に仕事の実態について調査したところ、「不払いがある」と答えた人は30%に上った。
 賃金が15分単位の切り捨て計算になっていたり、制服への着替えの時間が労働時間から除外されたりするケースがあった。プロジェクトは「ブラックバイトの手口とその対策」と題した冊子を製作。労働法のルールを知り、対策をしてほしいと呼び掛けている。
 調査は昨年10月から今月、ウェブサイトや街頭などで行い、若者を主な対象とした。回答者の平均年齢は26.4歳で、正社員が44%、パート・アルバイトが38%。
 働く上でのルールの認知度を尋ねた質問では、「賃金は1分単位で計算される」を知っている人は38%。「着替えなど準備の時間でも賃金は発生する」は47%だった。「半年働けば有給休暇が取れる」は66%。政府が国会に提出し、成立を目指す労働基準法改正案は49%が知っているとした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
労働者を救済する前に企業側への教育が優先です・・・


他の社会福祉士さんのブログはこちらからどうぞ



NO MORE 賃金泥棒に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment