一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!
九州4県 登録ゼロ
断らない住宅~目標の0.4%

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

精神保健福祉法の保護者

こんにちは。

みなさまゴールデンウイーク、いかがお過ごしですか。
ネット遊泳していましたら、Wikipediaの記載に一部誤りがあることに気づきました。

後見人と精神保健福祉法との関係のところで、Wikipediaの記載では「第3者後見人が就任した場合、実際には家族・親族がいて身の回りの世話などを行っている場合でも法律上は第3者後見人が当然に精神保健福祉法上の保護者となる。受療義務などの保護者として法的な家族・親族ではなく後見人が負うことになる」となってます。

この記載には誤りがあります。


精神保健福祉法は平成26年の改正時、ご家族の負担を軽減することを目的として医療保護入院は指定医の診断があれば保護者の同意がなくても、家族等のいづれかの同意で可能となりました。ここで言う家族等とは、配偶者・親権者・扶養義務者・後見人または保佐人が含まれます。さらにここで言う扶養義務者とは民法第877 条に規定する扶養義務者であり、直系血族、兄弟姉妹及び家庭裁判所に選任された三親等以内の親族を指しています。 改正前と大きく異なるのはこれらの者に順位がついていないことです。


精神保健福祉法の保護者に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment