一般社団法人 そーしゃる・おふぃす - おひとりさまの強い味方
RSS フォローする ファンになる

最新記事

カジノ法案可決
HPリニューアルのお知らせ
住まいの相談?後見の相談?
負動産化からの脱却
スタッフ募集!

カテゴリー

デイサービス
プライベート
介護支援専門員
任意後見
居住支援
成年後見
福祉関連情報
検索エンジンの供給元:

マイブログ

認定審査会簡素化

こんにちは。

今日は介護認定審査会委員研修でした。

かねてから、事務局の負担増で審査会の簡素化に向けて国の諮問機関でも議論がすすんできたところですが、30年4月からの変更点は以下のとおり。

・要介護(要支援)更新認定の有効期間の上限は今24か月ですが、最長36か月にできることになる。ちなみに、これは30年4月1日以降に申請のあった更新認定申請から対象

・以下の要件に該当する場合は認定審査会を簡素化していい!
1.1号被保険者
2.要介護(要支援含む)更新申請である
3.1次判定における要介護度が現在の要介護度と同じ
4.前回の審査結果の認定有効期間が12か月以上だった
5.1次判定で要支援2か要介護1の場合、ロジックの判定結果が安定になっていること
6.1次判定で要介護等基準時間が次のどれにも該当しないこと
  22分以上25分未満  29分以上32分未満  47分以上50分未満
  67分以上70分未満  87分以上90分未満  107分以上110分未満

ということで、簡素化のほうは、実施するか否か、簡素化の方法含め各保険者で判断するとなってます。
なお、簡素化の有無にかかわらず、区変や不服申し立ては可能。


公平性を担保しつつ事務局の負担を軽減するのは難しいですよね。


認定審査会簡素化に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment